#100 近藤敏

昼食会100回目。近藤敏(こんどうさとし)とランチしてきました。

Chushokukai of the 100th times. I have done lunch with Satoshi Kondoh.

#100-1
#100-2
#100-3
#100-4

///////////////

彼は、マイダディです。父親です。どうだ似てるか。うちの大黒柱で、ストックトンというカフェを経営しています(美味いのできてね)。

約20年前、経営していた会社が倒産し、巨額の負債を抱えました。人生最大級のストレスを享受しながら、全く弱音をみせずここまで家族を支えてきたことは本当に尊敬。

当たり前ですが、彼の存在なくして、自分の存在はないし、存在以上に、大切な姿勢を教えてくれました。ストレスから逃げない姿勢。立ち向かう姿勢。乗り越える姿勢。

100回という記念すべき会で対話することが、この昼食会の目的だったのかもしれません。

一生忘れられない会です。

///////////////

Memo

・ストックトンを始めて16年目

・自己破産という選択肢はなかった。一生かけて、借金を返済する決意をした。

・運命と宿命は違う。運命は、変えられる。宿命は定まったもの。今全ての事において宿命だと感じる必要はない。まだ何事も運命。

・中村天風

・負のものは一つずつ返していくしかない。

・ストレスから逃げない姿勢

・あの時のあのストレスがあったから今の幸せがある。あのままの調子で事業を展開していたら、全く違う道になっていた。

・冷たい鉄格子の中に入れられたような気持ち

・子どもたちがそれぞれに羽を伸ばしていること。

・ママのおかげ

・常に「今」が一番幸せ

・次に何をしようか、どうしてやろうかと考えることが面白くて活力。

・破産寸前の経営者に話したい。自殺はするな、と。

・これは試練だった。その時の自分には乗り超えられない大きな壁。

・人間学

・肉体は滅びても魂は死なない