#276 松浦香帆

昼食会276回目。

松浦香帆とランチしてきました。

ある日、一通のメールが届きました。ソーシャルランチというOB訪問サービスからの自動応答メール。そこにはOB訪問をしたいというメッセージが。そもそもソーシャルランチからメールが届いたことが5年ぶりくらいだったので(たぶん)、俗に言うスパムなのではないかと思いましたが、これも何かの縁。そうして僕のオフィスに来たのが彼女でした。

話を聞くと既に一社内定しているとのことで、じゃあなぜOB訪問を?と聞いたら、いろいろな人と会って話を聞いて刺激を受けたいんです、というような返答。どうやらソーシャルランチだけで足らず、マッチングアプリも使ってOB訪問をしているらしい。

マッチングアプリだと、相手は出会い目的じゃないの?と聞いてみると、自分のプロフィールには出会い目的じゃないことは書いた上で、「私には愛している人がいるからそういうのはダメなんです。12歳の頃から片思いなんです。」と。ほう。それはすごい。一途過ぎる。と思っていたら追い打ちで「ライトくんて言うんですけど」てなことで、DEATH NOTEを一瞬で想像するくらいにはジャンプ読者なのですが、これで大体みなさま方向性がおわかりいただけたかと思います。実際にはライト違いで、DIABOLIK LOVERS(通称ディアラバ)という作品の中に出てくる吸血鬼の男の子、それが彼女の言うライトくんでした。ディープ過ぎる。

時々妄想と現実どちらの話をしているのかわかりませんが、話自体はとてもしやすく、好奇心が強く面白い人でした。スパム判定せず会ってよかった。このまま突き抜けてほしい。


276-00.JPG

プロフィール:

松浦 香帆 (まつうら かほ)

現実と妄想を行き来する女子大生。来年からは渋谷の緑色ベンチャーに勤務予定。汐留のガラス張りの会社の近くで空気を吸うことが最近の趣味。実体なき愛する男性(ヴァンパイア)に清き血と心を捧げるため12歳の頃から奮闘中。愛の真理を探求し続けている。

 

昼食会スポット:

山城屋庄蔵

渋谷駅から歩いて1,2分ほどの和食のおみせ。隠れ家っぽい雰囲気があります。個室が充実しているので、ゆったり話をしたいときにはおすすめ。渋谷駅からすぐ近くなのに、喧騒もなく静かです。この日はくずし昼御膳を頼みましたが、この値段でこの内容はリーズナブルだと思いました。

東京都渋谷区道玄坂2-6-4 2F >> google map

渋谷Tetsuro Kondoh